エチオピア グジ シャキッソ村 TADE GG農園 G3 ナチュラル

当ページのリンクには広告が含まれています。
エチオピア デカフェ
生産地シダモ グジ シャキッソ村
精製ナチュラル
標高1,800~2,200m
品種在来種
クロップ年2023年3月入港
生産者シャキッソ村の小規模農家さん
乾燥アフリカンベッド
規格G3
認証有機JAS
栽培・農薬の使用シェードグロウン、農薬化学肥料不使用
海の向こうコーヒー様より引用

デカフェでもしっかりと楽しめるエチオピアならではの果実感

デカフェであっても同農園らしいピーチ感がしっかりと感じられます。

首都アジスアベバから南に約400km、グジエリア、シャキッソ村に位置するTADEGG農園。

プロデューサーのTesfaye氏は2000年から2004年の4年間に連続しておきたシャキッソ村の山火事の鎮火後に、残ったごく僅かな森林と広大な土地を5ヘクタールを購入し、その残った森林を保護と再生を願い、自身でコーヒーとシェードツリーを播種・栽培し、コーヒー生産を始めました。

2006年に初の収穫を迎えてからは、Tesfaye氏は地域の小規模農家さん達と共に品質の向上、安定に力を注ぎ続け、多くの農家さんを巻き込みながら規模を拡大していきました。

現在では2つの栽培エリアに分かれながら、合計で521haのまで栽培面積を拡大しており、シャキッソ村は豊かな森に囲まれたコーヒーの村となりました。

このGG農園という名前は、昔シャキッソ村で「金」が採掘されていたことに由来しており、現在ではコーヒー=「緑の金(Green Gold)」が栽培されることから名づけられました。

エチオピア グジ シャキッソ村 TADE GG農園 G3 ナチュラルは、エチオピア南部シダモ地方グジ地区に位置するシャキッソ村のTADE GG農園で栽培、精製されたコーヒーです。

グジは、エチオピアのコーヒー生産地として最も有名な地域のひとつであり、フルーティーで華やかな香味が特徴です。シャキッソ村は、グジの中でも特に標高が高い地域に位置しており、良質なコーヒー豆の産地として知られています。

TADE GG農園は、2000年に山火事で荒廃した森林を再生するために設立された農園です。農園主のTesfaye氏は、森林の再生とコーヒー生産の両立を目指して、持続可能な農業を実践しています。

このコーヒーは、ナチュラル精製で仕上げられています。ナチュラル精製は、果肉を取り除いたコーヒーチェリーを天日干しする方法です。この方法で精製されたコーヒーは、フルーティーで濃厚な味わいが特徴です。

焙煎度によって、さまざまな味わいを楽しむことができます。浅煎りでは、ピーチやアプリコットのようなフルーツの香りと、甘酸っぱい酸味が感じられます。中煎りでは、フルーツの香りがさらに濃厚になり、コクのある味わいが楽しめます。深煎りでは、チョコレートやナッツのような風味と、苦味や渋みが加わります。

以下に、焙煎度別の味わいの特徴をまとめます。

浅煎り

ピーチやアプリコットのようなフルーツの香り
甘酸っぱい酸味
すっきりとした味わい

中煎り

フルーツの香りがさらに濃厚になる
コクのある味わい
酸味と苦味のバランスが良い

深煎り

チョコレートやナッツのような風味
苦味や渋み
しっかりとした味わい


エチオピア グジ シャキッソ村 TADE GG農園 G3 ナチュラルは、フルーティーで濃厚な味わいが楽しめるコーヒーです。さまざまな焙煎度で楽しみ、お好みの味わいを見つけてみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたのコーヒーライフを少しでも豊かに

コメント

コメントする

目次