イエメン モカハラズ シャムス

当ページのリンクには広告が含まれています。
イエメン ハラス
目次

イエメン モカハラズ シャムスとは

今回は、イエメン モカハラズ シャムスという珍しいコーヒー豆を紹介します。

イエメン モカハラズ シャムスは、アラビア半島の西側にあるイエメンという国のハラズ地域で栽培されているコーヒー豆です。

イエメンはコーヒーの発祥の地とも言われており、モカという名前はイエメンのモカ港から輸出されていたことに由来します。

ハラズ地域は標高が高く、太陽がとても近く感じる場所です。

シャムスとは現地語で「太陽」という意味で、このコーヒー豆は太陽のように明るく、温かみを感じるコーヒーです。

イエメン モカハラズ シャムスの特徴

イエメン モカハラズ シャムスの特徴は、独特の香味と奥行きのある味わいです。

熟れた果実やスパイシーな香辛料のような香りがあり、酸味はデリケートで繊細です。

レーズン、フルーティーな酸味、滑らかなボディ感、チョコレートのようなアフターフレーバー。

冷めていくにつれて、その質の高さが目立ちます。

イエメン モカハラズ シャムスは、ナチュラルという処理方法で作られています。

ナチュラルとは、コーヒーチェリーをそのまま乾燥させてから果肉を取り除く方法で、

コーヒー豆に果実の風味が移ります。

ナチュラルは古くからイエメンで伝統的に行われている方法です。

イエメン モカハラズ シャムスは、非常に希少なコーヒー豆です。

イエメンは内戦や政情不安などでコーヒーの生産や輸出が困難な状況にあります。

そのため、イエメンのコーヒーは高価で、入手するのも容易ではありません。

しかし、イエメンのコーヒー農家や輸出業者は、

コーヒーを通じてイエメンの平和と発展に貢献したいという思いで、

品質の高いコーヒーを世界に届けようと努力しています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたのコーヒーライフを少しでも豊かに

コメント

コメントする

目次