タンザニア キゴマ チンパンジーコーヒー ウォッシュ AA

当ページのリンクには広告が含まれています。
キリマンジャロ

このコーヒーは、チンパンジーコーヒーと呼ばれ、

野生動物保護活動家ジェーン・グドール氏の研究所(JGI)に寄付され、

チンパンジー保護活動を支援しています。

味わいは、アップルのように明るく軽やかな酸味、

柑橘系のニュアンスを感じる甘みにビターキャラメルを思わせる上品な余韻が重なります。

栽培期間中 農薬化学肥料不使用

目次

タンザニア

タンザニアは東アフリカの国です。

国土の大部分はサバンナや熱帯雨林で覆われており、ゾウ、

世界遺産に登録されているセレンゲティ国立公園やキリマンジャロ国立公園などがあります。

キゴマ

キゴマはタンザニア西部にある都市です。タンガニーカ湖の東岸に位置し、

コンゴ民主共和国のカルミと国境を接しています。

チンパンジーが暮らす深い森があり、水洗式で精選された酸味の鮮やかなコーヒーを生産しています。

チンパンジー

チンパンジーは、アフリカ大陸に生息する霊長類です。人間と最も遺伝的に近い動物として知られており、

DNAの98.8%が一致しています。

チンパンジーは、体長約120~150cm、体重約40~60kgの体格を持ち、長い腕と短い脚を持つのが特徴です。

毛色は黒褐色で、顔と耳は裸皮になっています。

チンパンジーは、主に熱帯雨林に生息し、果実、葉、昆虫などを食します。

また、道具を使うことでも知られており、枝を棒状にしてアリを捕まえたり、石を使って木の実を割ったりします。

チンパンジーは、社会的な動物であり、数十頭の個体からなる群れを作って生活します。

群れはオスのリーダーによって率いられ、メスと子供たちは群れの中で協力し合って子育てを行います。

チンパンジーは、知能の高い動物として知られており、自己認識能力や感情表現能力、文化的な行動などを示すことが観察されています。

近年、チンパンジーの生息地は減少しており、絶滅危惧種に指定されています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたのコーヒーライフを少しでも豊かに

コメント

コメントする

目次