ミャンマー ガペ村 ホールビンコーヒー

当ページのリンクには広告が含まれています。
ミャンマー ガペ
目次

概要


生産地 マンダレー ガペ ボンボ村
精製 レッドハニー
標高 1,100~1,400m
品種 カツアイ,カツーラ,カティモール
生産者 ボンボ村の生産者50世帯 (Asho Chin Coffee Association)
乾燥 アフリカンベッド
規格 G1
サイズ 15up
認証 なし
栽培・農薬の使用 栽培期間中、農薬化学肥料不使用

焙煎

Light Roast
角砂糖を含んだような、強い甘さが際立ちます。ハニープロセスらしい、どっしりとしたボディ感と、後にふわりと感じるブドウのような香りを楽しんでいただけます。
Medium Roast
どっしりとしたボディ感が際立ってきます。クッキーのような甘さと焙煎による香ばしさが心地よく、バランスが取れています。
Dark Roast
ビター感の中にもはっきりとした甘さを感じられます。甘さは長く持続し、力強いコーヒー感と共にゆっくりと口の中で消えていきます。

海の向こうコーヒー様より引用させていただいております

バングラデシュ国境にほど近い、ミャンマーの新興コーヒー産地・ガペ。2023年もニュークロップが入荷しました!取り扱いがはじまって2年目となるガペですが、まるで角砂糖を舐めているかのような力強い甘さがあり、豆に甘味がぐっと蓄えられています。これはピッカーさんの技術の向上によるものでしょう。しっかり完熟した甘味のあるコーヒーチェリーだけをピックできていることが、味わいにあらわれています。品質向上が目覚ましいガペ生産者さんたちのコーヒー。今年も是非お楽しみください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたのコーヒーライフを少しでも豊かに

コメント

コメントする

目次