おいしいコーヒーの淹れ方 5つのポイント ハンドドリップ

当ページのリンクには広告が含まれています。
美味しいコーヒーを飲むためのポイント

ハンドドリップコーヒーのおいしい淹れ方の紹介です。
自分の好みの淹れ方を探してみましょう。
ポイントを5つに絞ってみました。

  1. 高品質で新鮮なコーヒー豆を使う
  2. コーヒー豆の挽き方
  3. お湯の温度
  4. コーヒー豆とお湯の量
  5. お湯の注ぎ方
目次

【ハンドドリップ】おいしいコーヒーの淹れ方

高品質で新鮮なコーヒー豆を使う

コーヒーの味の半分以上はコーヒー豆の品質で決まります。

劣化したコーヒー豆は香りやコクが薄れ、酸化した嫌な酸味を感じます。

新鮮なコーヒーは冷めてからも美味しく飲めます。

コーヒー豆の挽き方

コーヒー豆の粉の粒の大きさが味に影響を与えます。

粒が小さくなればなるほど、お湯と接触する面積が増えます。

粒が小さい方が濃く抽出できますが雑味も増えます。粒が大きいと薄く抽出できますが香りやコクも薄くなります。

  • エスプレッソ・・・極細挽き
  • ハンドドリップ・・・中挽き、中細挽き
  • サイフォン・・・中挽き
  • フレンチプレス・・・粗挽き

お湯の温度

一般的には93℃前後が最適だと言われています。

  • 温度が高い・・・濃い、苦みが強い
  • 温度が低い・・・甘味、酸味が際立つ

コーヒー豆とお湯の量

国際的な抽出比率のコーヒー豆とお湯の量は

コーヒー豆:お湯 = 1:16

と言われています。

1人前はコーヒー豆10gとお湯160mlで、コンビニの小さいサイズ(150ml)ぐらいです。

コーヒー豆の焙煎度や挽き具合により比率は変わりますが、

自分の好みに合わせてコーヒー豆とお湯の量を調整してみましょう。

お湯の注ぎ方

  • ペーパーフィルターをセットしてお湯をかけて温めます
  • 温めたお湯を捨て、挽いたコーヒー豆をセットします
  • コーヒー豆の2倍の量のお湯を注ぎ、30秒蒸らします
  • 残りのお湯を中心に注ぎます。3分ぐらいで注ぎ切りましょう

まとめ

新鮮なコーヒー豆を使う

コーヒー豆とお湯の量を測る

時間を計って抽出する

上記に注意しながら、豊かなコーヒーライフをお過ごしください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたのコーヒーライフを少しでも豊かに

目次