コーヒー豆の鮮度って?賞味期限は?美味しく飲むために知っておくこと

当ページのリンクには広告が含まれています。
コーヒーの鮮度

コーヒー豆の風味や香りが良いの豆のままなら焙煎後1ケ月まで

ピークは焙煎後3日後ぐらいから2週間

可能なら2週間以内には飲み切る

目次

コーヒー豆の鮮度とは?

コーヒー豆は食品なので鮮度があります。

スーパーや有名なチェーン店のコーヒー豆は残念ながら流通過程で香りや風味が失われている可能性があります。

コーヒー豆の鮮度は抽出した時に得る味や香りに影響を与える重要な要素となり、最高のコーヒーを作るのに欠かせません。

一般的に焙煎後1ヶ月も経つと本来の香りと風味は失われます。

せっかくなら美味しい状態で飲みたいですよね。

1. コーヒー豆の鮮度が重要な理由

新鮮なコーヒー豆を抽出すると、香りが芳醇で、味わいが濃厚かつコクがあります。

一方で、古くなったコーヒー豆では、香りが抜けてしまい、味わいも淡くなってしまいます。

コーヒー豆の鮮度が重要なのは、そういった味わいの差を生み出してしまうからです。

古くなったコーヒー豆は酸化し、嫌な酸味もあります。

新鮮なコーヒー豆の酸味はフルーツの様な酸味です。

わかりやすいのはコーヒーが冷めた状態のときに美味しく飲めるかどうかです。

2. コーヒー豆の鮮度が損なわれる原因 と対策

コーヒー豆の鮮度が損なわれる原因として、空気中の水分や酸素、湿度、温度などが挙げられます。

コーヒー豆の鮮度を維持するためには、湿度や温度を適切なレベルに保つことが重要です。

また、室内の空気を循環させるなど、酸素や水分などの環境要因を適切なレベルに保つことも大切です。

コーヒー豆の鮮度を維持するためには、まず購入したコーヒー豆を温度と湿度を適切なレベルに保つ室内で保管してください。

また、コーヒー豆を使い切るまでには、できる限り早く抽出を行うことをお勧めします。

3. 鮮度を考慮したコーヒー豆の購入方法

焙煎されたコーヒー豆の購入時には、鮮度の維持を考慮した購入方法を採用しましょう。

焙煎日を記載している、または教えてくれるお店で購入しましょう。

コーヒー豆の小売店では、保管状態を確認できるます。

また、インターネット上でコーヒー豆を購入する場合は、注文後に焙煎してくれるお店など商品の状態をよく確認した上で購入するようにしましょう。

コーヒー豆の購入から抽出までの過程で鮮度を維持するためには、購入時には小売店などで焙煎日や保管状態を確認することが大切です。

また、購入したコーヒー豆は、適切な湿度・温度で保管し、できる限り早く抽出を行うことをおすすめします。

まとめ 美味しいコーヒーを飲むために

焙煎から時間の経っていないコーヒー豆を選ぶ(1ヶ月以内には飲み切る)

適切な方法で保存する(酸素、高温、水分、紫外線を避ける)

新鮮なコーヒー豆で楽しいコーヒーライフをお過ごしください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

あなたのコーヒーライフを少しでも豊かに

コメント

コメントする

目次